日本国内で飛行機が墜落する確率を調べてみた。

どーも、僕です!

 

最近飛行機関連のニュースが多くなってきましたよね。

この記事は2018年に書いたものなんですが、2019年に入ってからかなりアクセスが増えてきており、それだけ皆さんの関心も高まってきているって証拠ですね!

 

今回飛行機が墜落する可能性というものを調べて見たので、是非参考にしてください!

 

 

なぜこんなことを調べたのか

 

僕はとにかく飛行機に乗る機会が多いんです。仕事にしろディズニーに行くにしろ、月に10回前後は乗ってます。

 

そんな飛行機慣れしている僕が、つい先日乗った飛行機が「あれ?今回まじでやばいんじゃね?」って思うくらい揺れました。

もちろんその恐怖を表に出すことは無かったけど、心の中は

 

「ぎゃああああ!!しにたくないぃぃぃ!!!」

 

ってずっと思ってました(笑)もう手汗もびっしょり。なんとなくCAさんたちの顔もこわばっている気がして・・・

 

同じ経験したことある人いません?まあ結果的に大丈夫だったけど、めちゃめちゃ怖かったから今後のために墜落する可能性はあるのか調べてみたぜ!

 

 

飛行機が墜落する確率

 

結果から言うと、飛行機に乗ったとき墜落する確率は0.0009%だそう。これはアメリカの国家安全運輸委員会の調査結果になります。

 

まあでもこれは全世界の統計で、日本での結果は出てないだけど、日本はおそらくこの数値よりも低くなると思う。

 

あなたはこれをどう捉えます?僕は結構高くて震えた(笑)

だってこの数値・・・

 

 

年末ジャンボ宝くじが当たる確率より高いんだよ?

 

 

僕はこれを聞いて宝くじを買う恐ろしさのほうが強かったです(笑)

 

まあ相当運が悪くない限りは墜落しないけど、可能性としてはあるということが当たり前だけど怖いよね〜。

 

CAさんとかはちょっとの思いじゃなれないよね。ただ綺麗なだけじゃないんだな〜。

 

 

実際に飛行機が墜落したことがある日本

 

知ってる人も多いと思うけど、日本でも1985年に航空会社JALの123便が墜落したことがあるんだって・・・。

 

東京発の大阪行の便で乗客は500名以上いたそう。時期がお盆付近なので利用者も多かったみたいですね。

 

この墜落事故の原因はボーイング社の修理が不適切だったための圧力隔壁の破損だと言われている。

乗客としては防ぎようがないですね・・・

 

ただそれ以降旅客機での墜落事故は日本では起きていません。

 

やはりこの1件以降、色々と安全面に対し見直されてきたみたい。そりゃそうだよね。

今の日本の飛行機は、個人的には安心して乗れるものだと感じている。そうあってほしい。

 

 

乗るか乗らないかはあなた次第

 

結局何が起こるかなんて私達には予想できませんよねこの先も。

この文を書いている間にも空から1億円が降ってくるかもしれない!!!

 

飛行機慣れはしているものの、やっぱり1度も気を抜かないで乗ったことはないし、今でもヒヤッとするシーンはぶっちゃけ多いです。

だからといって飛行機に乗るのをやめるわけでもないし、おそらくしぬまで飛行機には乗り続けることでしょう!

 

乗った先にある夢の国へ行くために!(天国じゃないよ)

 

ちなみに最後になるけど、1億円は降ってこなかった。

 

ってことで!またね!ハハッ