クレジットカードのブラックリストから抜け出して審査に合格する方法を教えます。

クレカの審査とおらない・・・。もしかしたらブラックリストに載ってるかも。

こんな悩みがある人がいたら、それは過去の僕と全く同じです。

 

僕の学生時代はバイトを掛け持ちして働いていましたが、それ以上に遊びすぎて《携帯電話強制解約》《クレジットカード強制解約》という最悪な状況に陥っていました・・・。

 

クレジットカードは一度強制解約になったら、次に作れるのは何年先かわかりません。

 

しかし!!!

僕はそんなクレジットカード強制解約&携帯強制解約というこの世の不幸を詰め込んだ最悪な状況から抜け出し、なんと1年後にはクレジットカードの審査に合格しました。

 

今回は実際に僕がブラックリストから抜け出し、審査に合格した方法を紹介します。

 

● 過去にクレジットカードを強制解約した

● 審査に何度も落ちてしまう

● 携帯代を滞納したことがあるけどカードを作りたい

● 審査に通るクレジットカードを知りたい

 

当てはまった方はぜひ参考にしてください。

 

僕がクレジットカード強制解約となった経緯

前述の通り、僕は《携帯電話強制解約》《クレジットカード強制解約》という地獄を学生時代に見ました。まじでこれは自分がわるいので反省しています。

 

携帯電話に関しては、当時auとSoftbankの2つを同時に使っていたんです。

 

そのため片方は全く使っておらず、機種も支払いも放置プレイ。普通の人からしたら考えられないでしょうけど、本当に当時は考えがクソでした。

 

これが後々クレジットカードの審査に超影響を与えます。

 

クレジットカード強制解約についても似たような理由です。

当時はバイトを掛け持ちしていて、他の学生よりちょっとだけお金を持っていたため、調子に乗って好きなものを買いまくっていたんですよね。

 

案の定、払えなくなって強制解約となりました。

 

このページを見ていただいている方は僕と同じ経験がある人だと思います。そしてカードの審査に通らず困っている・・・。

 

でも大丈夫!

片方だけでもなかなか経験する人は少ないのに、《携帯電話とクレジットカードのW強制解約》を経験した僕でもクレジットカードを結果的に作れたんですから!

 

 

強制解約になったら5年は作れないは嘘?

『クレジットカードは一度強制解約になってしまったら、5年は作ることが出来ない』

 

このような言葉をよく見かけませんか?

 

僕もクレジットカードを作れなかった期間に、どうしてもカードが欲しくてググりまくるとこの言葉がたくさん出てくるので、めちゃめちゃ落ち込んでた覚えがあります。

 

しかしこの言葉は良い意味でも悪い意味でもウソです。

 

僕はこれから紹介する取り組みで、クレジットカードが強制解約になった1年後にはまた新たなカードを作ることが出来ました。

 

一方で、僕の知り合いは10年たった今でも審査に通らないそうです。

 

そのため、これを見ている方が僕と同じ取り組みをして、必ずしもいい結果が出るとは限りません。

 

しかし、実践すればこれまでより確実に審査には通りやすくなるはずです。

 

 

僕がクレジットカードを作ることが出来た方法!

 

それでは実際にブラックリストという地獄から抜け出し、クレジットカードを持つことができる天国に行けた僕がその方法を紹介します。

 

これを実践すれば『確実に審査に通る!』という保証をするものではありません。

でも現状維持よりは大きく前進します。

 

 

滞納分は必ず払う。コレ絶対

 

僕たちのようにクレジットカードを作ることが出来ない人は何かしら理由があります。中には《クレヒス》と言って、クレジットカードを持った経験が無いからという理由の人もいるかも知れませんが、おそらくこのページを見ている人は違うでしょう。

 

きっと過去の僕と同じで、携帯代かクレジットカード代を滞納しているはず。

 

この時点でぼくたちはマイナスからのスタートなんです。

 

しかしマイナスの状態のままではクレジットカードは一生作れないです。

 

例えばずっと自分に告白してくる人がいるとして、その人が遊び人だったらOKしますか?何度告白されても遊び人という性格が治ってないならOKしないですよね。

 

クレジットカードもこれと一緒なんです!

 

『おれは遊び人じゃないんだぜえ!』っていう姿をクレジットカードに見せないと、カートは絶対作れないです。

 

僕は携帯が強制解約になった後、しばらく最後の支払いをしないままでいました。その間、何度かローンやカードの審査にチャレンジしましたが全て落ちました。

 

しかしこの滞納分をしっかり全て払ったら、見事支払いから半年後にクレジットカードの審査に合格することが出来ました。

 

もし今クレジットカードか携帯代滞納がある人はすべて払い終わってください。

そこからがスタートです。

 

ちなみに電気代やガス代はクレジットカードの審査には関係ないです。

 

 

半年間はじっとする。

 

このページにたどり着いた方はもうほとんど知っていると思いますが、滞納や審査などの履歴はCIC(指定信用情報機関)に記録されています。

 

そのため、複数のカードに申請するとCICに記録され、それが原因で審査に通らないこともあるようです。

 

CICの情報が記録されている期間は6ヶ月です。

6ヶ月経過すればクレジットカードの審査履歴も綺麗サッパリ無くなります。(滞納分は残ります)

 

そのため、まず滞納分の支払いが終了したら6ヶ月は審査も何もしないでください。

 

『5ヶ月待ったから良いかも・・・』って思っちゃうかもしれませんが、絶対ダメです。

6ヶ月ってめちゃめちゃ長いですよねクレジットカードを待っている間は・・・。

 

でも滞納してしまったからにはしっかりと6ヶ月間はバツを受けましょう(笑)

そうすればクレジットカード獲得に1歩近づけます。

 

 

カード会社は楽天カード以外不可能

f:id:sweetdisney:20190607225917p:plain

(引用元:公式サイト

 

先に結果から言いますと、強制解約になってから数年以内にカードを作るなら、楽天カード以外不可能です。

 

これは僕が実際に試した結果ですが、強制解約になった1年後にカードを作ることが出来ましたが、未だに楽天カード以外は審査に通りません。

 

クレジットカードで1番審査がゆるいのは楽天カードというのは聞いたことがある人も多いと思いますが、これは間違いなく真実です。

 

もし作りたいカードがある人はショックだと思いますが、特にこだわりがない人は他のカードに申し込んで落ちてしまう前に、楽天カードに申し込みましょう!

 

>>楽天カードの申込みはこちらから!

 

 

最後に

 

これからの時代は間違いなくクレジットカードが必須になってきます。

クレジットカードでしか買い物が出来ないところも、少なからず増えてきているのが現状です。

 

おそらく上で書いた方法を実践すればほとんどの方が、楽天カードで再度クレジットカードを持つことが出来ますが、一度強制解約になってしまった方は少なめに限度を設定しておきましょう。

 

また支払いが滞り、払えなくなったら間違いなく苦労しますし、何度もいいますがこれからはキャッシュレス社会になることが予想されます。

 

再度クレジットカードを持つことができる喜びはハンパないですが、しっかりと管理して計画的に使いましょう!

 

ってことで!またね!ハハッ

 

>>楽天カードの申込みはこちらから!