仕事のストレスが体に与える影響は本当に怖い(らしい)

どーも、僕です!

 

あなたは仕事やバイトでストレスが溜まってますか?

今日は世にも恐ろしい仕事のストレスで体に支障をきたしてしまった友人たちの話をしていきます・・・

 

 

やってて楽しいと思える仕事を選ぶべきまじで

 

まず、僕は仕事でストレスを感じたことはありません。

 

基本的に営業職なんですけど、人と話すのは好きですしそれなりの結果も残せたので、全く苦労はしてません。

 

営業職を選んだ理由としては人と話すのが好きだったからで、昇進してからも営業はさせてほしいと伝えているので現在も営業をちょくちょくしています。

 

多分同じように「好きなことを仕事にしてる人」って少なくはないと思います。でもそれでも仕事やめたいって思ってる人もいます。

 

この理由の大半は人間関係ですよね。

 

好きなことしてても一緒に働く人間がめちゃめちゃ悪い性格をしていたり、客の人間性がクソなら仕事が嫌になっちゃいますよね。

 

まあ僕みたいにメンタルが弱くて、ちょっとでも嫌なことがあったら投げ出すような人がいたら、その人は自分のメンタルをまずは鍛えるべきですけど(笑)

 

でもそうじゃなくて、体にまでストレスの影響を感じている人は、色々と難しいとは思いますが職を変えたほうが良いです。

 

ここでいうやってて楽しいと思える仕事とは、人間関係なども含めて楽しさを感じることができるという意味です。

 

 

ストレスの影響を受けまくった友人たち

 

まあ、そう入っても「まだ若いから大丈夫!」って思っている人達もいると思います。

 

そんな人達に向けて、実際に若くしてストレスが原因で仕事に支障をきたしてしまった僕の友人たちを紹介していきます。

 

 

ストレスと言えば頭皮

 

「ストレス=髪の毛に影響」って結構イメージありますよね。まあ遺伝的のものが1番多いとは思いますけど。

 

僕の友人で背が高く顔もめちゃめちゃイケメンなやつがいて、そいつの家系はみんな髪の毛もふさふさしているらしいんです。

 

でもその友人、大学を卒業するまでは髪の毛ふさふさしていたのに社会に出てからしばらくして会ったら、頭頂部が薄くなってきていたんです・・・

 

話を聞いたらやっぱり会社でのストレスがすごいようでした。

 

別にやりたい職種ってわけではなく、給料が良かったためそこを選んで見事合格したけど、パワハラみたいなのがすごく多いらしいんです。

 

それで遅く帰って、もちろん料理を作る気力もなくカップ麺かコンビニ弁当。

食生活も抜け毛を加速させたんでしょうね。

 

その話を聞いて、僕はやめることを勧めたんですが責任感の強い彼は中々「やめる」という選択肢をとりませんでした。

でもやっぱり体も限界きていたみたいで長期にわたる説得の末、彼は退職しました。

 

そのあと彼はアパレル系の会社につきました。

ここからが驚きです。

 

給料は以前働いていたとこよりも大きく下がりましたが、やりがいを感じていてみんなが仲良く働いていて、なんと髪の量も多かった頃に戻ったそうです(笑)

 

すごいですね。体は本当に正直だってことがよく分かるのと同時に、ストレスを自分が思っている以上に感じてるんですね〜。

 

僕は責任感が強い人達をものすごく尊敬しています。かなり頼れる存在です。

でももし、その責任感が自分を苦しめているようでしたら、時には逃げちゃって良いんです。

 

たとえ重要な人が1人がいなくなっても会社は回りますし、1ヶ月後にはみんな忘れてます!!!

 

 

働いている妊婦さん

 

この人は当時妊娠8週くらい?の妊婦さん。

 

接客業ですけど重いものを持ったりするし、結構せかせかして働かなければ行けないような環境でした。

 

それでもう見ててかわいそうなくらいつわりが酷くて、何度も吐いていたそうです。

それでご飯も中々食べれなくて、吐くものがないからずっとオエオエ状態。

 

それがしばらくしてある日、パンツに血がついてたらしいんです。

それでおかしいと思ったら切迫流産。

 

切迫流産とは流産したわけではなく、あくまで流産してしまうかもしれない切迫した状態のことを言います。

 

それで病院の先生から2週間絶対安静って言われて診断書をもらい、会社を休んだそうなんです。

 

そしらたここで変化が。

 

会社を長期に渡って休めることが決定したことでストレスが消えたのか、これまで気持ち悪くて食べられなかったものが食べれるようになったそうです。

 

もちろんつわりが無くなったわけではなかったそうですが、明らかに吐き気の強さや頻度も落ち、そのあとしっかり元気な子を産みました。

 

お腹の赤ちゃんは特にストレスに影響されやすいので、くれぐれも妊婦さんは赤ちゃんのことを第一に考えてあげてくださいね。

 

赤ちゃんより大切な仕事なんで無いですから。

 

 

眠ろうとするとイライラする

 

この友人は営業職で、常に数字を求められる仕事をしていました。

 

友人は優秀なやつなんですけど、それ以上に周りが優秀だったらしく成績は後の方で、いつも厳しく指導を受けていたそうです。

 

そのストレスのせいでめちゃめちゃ痩せてたんですけど、友人曰く痩せてくる以上に影響を受けていることがあるとのことでした。

 

眠ろうとしたらイライラして眠れないということです。

 

最初は「そんな事あんの!?」って思いました。だって眠る前ってすごく幸せな気持ちになりますよね(笑)

 

でも友人は眠いのに眠ろうとしたらイライラが始まるらしく、眠れない日々。これもあり痩せていったそうです。

 

それで、病院へ行ったところ「ストレスが原因で自律神経が乱れている」とのことでした。

 

ストレスっていたるところに影響を及ぼすんですね。

 

この友人はもともと飲食店を出すのが夢でしたので、これをきっかけに会社を辞め飲食業に専念したところ、症状も治まったそうです。

 

現在はほそぼそとですが頑張っています!笑

 

 

やりたくないことはやらなくていい

 

ここで紹介した友人たちの例はほんの一部で、ストレスが原因でもっとひどい症状になっている方は多いはずです。

 

それが仕事が原因ならなるべく早く辞めたほうが良いです。

 

体を犠牲にしてまでお金を稼ぐなんて、個人的な意見としては考えられないです。

 

体を犠牲にしなくても働けるところなんてこの世にいくらでもありますから。

 

まあこんなことわかってる人がほとんどだと思いますし、行動しようとは思ってますよね?転職サイト見たりハローワーク行ったり。

 

でも中々踏ん切りがつかないと思います。簡単なことじゃないですし。

 

ただ人生は全ての人へ平等に1度だけ与えられたもので、今仕事を楽しくしている人たちもあなたと同じ1回だけの人生です。

 

人生の半分近くが仕事をしているんですから、だったら楽しく働く以外の選択肢は無いですよね!

 

待ってるだけでは人生って本当に何も変わらないです!!!

まずは一歩踏み出せたら、すごいと思います。

 

一緒に頑張っていきましょう!!!

 

真面目な記事になっちゃったけど、これは伝えたいことだったので書きました。

 

 

ってことで!またね!ハハッ