【ミート注意】ツイッターのD垢(ディズニーファン)を装っている出会い厨の大量発生について。

どーも、僕です!

 

最近ツイッターで出会い厨がめちゃめちゃ多数発生しているから、そろそろ注意を促しておこうと思う。

 

ミートする際は十分中止しておきましょう!ってことで続きをどうぞ。

  

ディズニーファンのフリをして出会いを求めている人たち

 

最近僕が使っているD垢で出会い厨の報告が後を絶たないです・・・。

 

そもそもD垢とはツイッターなどのディズニー用アカウントのことで、ディズニーが大好きで年パスの保有者や、年パスを持ってなくてもディズニーを愛してやまない人、パーク内の写真を多くアップしている人がたくさんます。

 

そして僕の感覚では、このD垢の7割ほどが女性。

最近はこの女性が多いことに漬け込んだ出会い目的の男性や、本当にディズニーが好きだけどいつしか目的を履き違えてしまっている男性が多く発生していますよね!

 

個人的にはですが、ただただ純粋にディズニーを一緒に楽しみたいって人や、女性でも「ディズニー好きの彼氏が欲しいから出会い大歓迎!」って人は全然いいと思うんです。

だってWin-Winじゃないですか?

 

でもD垢には女子高生とかもめちゃめちゃ多くて、成人済の男性がその子達に行っちゃうと場合によっては犯罪になる可能性もありますからね。

 

じゃあD垢は作らないほうが良いのかって言ったら、それはまた違ってきます。

D垢は作ってみると、すごく便利でメリットはたくさんあります。

 

だからミートするときとかも正しく楽しむことができれば、作ったほうがより一層面白くなるはず。

でも同時に、好きなことで嫌な思いをしないように、被害にあわないように細心の注意を払ってください!!

 

どうしても出会いたい人は下記の記事で、業者なしのマッチングアプリをインタビュー付きで紹介していますので、そちらへどうぞ。

 

 

ミートとは何?ミートするときは注意してね

 

よくD垢の会話でミートって言葉が出て来ると思いますが、この場合ミートとは実際にパーク内で会うって意味で使われています。

ミッキーと会えるグリーティングの『ミート・ミッキー』と勘違いされることが多いけど、これとは別物です!

 

同じ趣味の人と話すのはめちゃめちゃ楽しいし、一緒にディズニーを楽しみたいって人も多いからミートオッケーな人はプロフィールの『ミート◯』って書いてる人とかいますよね。

 

でもこれには気をつけてください!

 

多分出会い目的のD垢は、もちろんハードルが低い方が良いはずなので、どちらかといえばミートがOKって最初からわかっている子を狙いやすいはず。本人がそんなつもりでっ書いてなくてもです。

もし僕が出会い目的でD垢とか作ったら、『ミート◯』でめっちゃ検索しそう(笑)

 

まあほとんどの人がそういう人間を見分けることができると思うけど、万が一被害に合わないように気をつけましょう。

 

 

晒される出会い厨

 

このように不特定多数いる出会い厨ですが、最近はツイッター上でその出会い厨を晒すという行為が多く見られます。

 

出会い厨とのDMでのやり取りとか、ツイッターのアカウントをスクショして、他の人が被害に合わないように注意喚起してくれとる人とか多いですよね。

これはありがたい、事前に被害を予防することができるし。

 

でもたまに見かけるのが、出会い厨の顔写真まで拡散させている人。

本当に悪質な出会い厨ならこれくらいされてもしょうがないかもしれませんが、ただ単に純粋に「ディズニーを一緒に楽しみたい」って思っている人だったらどうするんでしょう?

 

しかも中には晒されているのが18歳未満の子だったりするから、なんとも言えない気持ちになっちゃいます。

まあ何をするにも個人の自由だけど、顔写真まで晒す人はそれなりの責任をもたないといけません!

 

あと悪質な出会い厨も、晒される覚悟がないなら悪いことはしないことですね。

 

 

対策

 

自分が被害者にならないためにも、小さい頃言われ続けてきたことが1番の対策だと思うんです。

誰しも1度は言われたことがあるだろうセリフ。

 

「知らない人にはついていかない」

 

ミートは全然いいと思います個人的には。僕もディズニー内で知り合って遊んだり飲みに行く人がいるのも事実だし。

でも本当に悪質な人間もいるってことを忘れずに!

 

だからもしはじめての人とミートするときとかは、よっぽど信頼できる人以外は複数人で会うようにすれば被害に遭う可能性も低くなるはず。

 

しかも複数人のほうが楽しいですよね(笑)

これからも楽しさで溢れる場所でありますよーに!!!

 

ってことで!またね!ハハッ