コロナで働けなくなった人必見!すぐに10万円以上お金を稼げる方法!

f:id:sweetdisney:20200505151638j:plain

 

どーも、僕です!

 

現在でも猛威を奮っているコロナウイルスですが、失業者の数は数十万人にも及ぶと言われています。

 

おそらくこの記事を見ていただいている方も『失業して毎月の支払いに困っている方』『バイトの出勤が無くなって困っている学生さん』だと思います。

 

僕も学生時代支払いができずに追い込まれたことがあるので気持ちがわかりますが、本当にどうして良いかわからず「人生終わったわ・・・」って思ったりしてました。

 

そこで今回は、そんな困っている方の少しでもお役に立てるよう

 

【すぐに10万円以上稼げる方法】

 

を紹介したいと思います!

 

僕が実際に学生時代や社会人なりたての頃に何度も使用した方法で、ほとんどの方が実践できますのでぜひ参考にしてくださいね。

 

 

安全に早くお金を稼ぐ方法は?

f:id:sweetdisney:20200505125703j:plain

ネットで『すぐにお金を稼ぐ方法』と調べると数え切れないほどの方法が出てきますが、どれも下記のような不安要素が出てきます。

 

・数千円くらいしか稼げない

・いくら稼げるのか明確じゃない

・安全性が不確か

 

特に最後の【安全性】に関しては重要で、世の中には高額な報酬を提示して、その後詐欺や危ない目に合うことも少なくはないです。

 

実際にTV番組やネットでも、こういった事件が多く報道されています。

 

しかしそれをわかっていても目の前の報酬に目がくらみ、手を出してしまう方も多いです。

それだけお金は人にとって重要なもので、僕も過去にお金に困り追い込まれた経験があるので、気持ちはすごくわかります。

 

でもやはりそういった危険な報酬に手を出してしまうのは後から必ず後悔することになります。

 

安全な稼ぎ方を見分けるには?

では一体どうやって安全な稼ぎ方を見分ければ良いのでしょうか?

それはズバリ『国からも正式に認められているかどうか』をチェックしてみてください。

 

ほとんどの”すぐに稼げる方法”は暗黙の了解で商売ができているものばかりです。

一歩間違えてしまうと法律に触れてしまったり、危険な目に巻き込まれる可能性があります。

 

しかし、実際に”正式に国が認めているもの”に関しては、もちろん安全で危険な目に巻き込まれるわけがありませんよね。

 

しかし『すぐに稼げて国から認められている』という都合の良い方法なんてあるのでしょうか?

 

そう!あるんです!

 

これから紹介する方法が、実際に僕や周りの友人が使用していた方法で、しっかりと国から認められているものになります。

 

 

安全ですぐに10万円以上稼ぐためには治験が最適

f:id:sweetdisney:20200505142135j:plain

ここで紹介する『国から認められているすぐに稼げる方法』は”治験”です。

 

治験では1回で数万円から多いものだと50万円ほどもらえるものが存在しています。
 

治験とは一体何なのか知らない方のために紹介すると、厚生労働省のHPでは以下のように定義されています。

化学合成や、植物、土壌中の菌、海洋生物の中から発見された物質の中から、試験管の中での実験や動物実験により、病気に効果があり、人に使用しても安全と予測されるものが「くすりの候補」として選ばれます。この「くすりの候補」の開発の最終段階では、健康な人や患者さんによって、人での安全性と効果を調べることが必用です。

厚生労働省

 

簡単に言いますと『現在開発されている胃薬や頭痛薬などの完成直前で、実際に効果があるのか調査に協力すること』ということですね。

 

実際にドラッグストアに売ってある薬や、薬局で処方される薬はすべてこの治験を通して世の中に流通したものになります。

 

僕は今日も鼻炎薬を飲みましたが、その背景にはこの薬が開発される直前で治験に協力した人がいて、その人は数十万もらったかも知れないということですね。

 

とは言っても、治験と聞くと怖いイメージを持ってしまう方も少なくはないと思います。

そこで、より安心して頂けるよう治験のメリットとデメリットを紹介していきます。

 

【治験のメリット】

治験のメリット①:10万円以上稼ぐことが可能

まずはこの記事の本質ですが、治験は大きな金額を稼ぐことが可能です。

 

内容にもよりますが、少ないものでも数万円、多いものだと50万円以上もらえることがあります。

1つの治験でバイト1ヶ月分、もしくはサラリーマン以上の給料を稼ぐ可能性もありますね。

 

実際に僕の友人には、バイトはせず治験のみで学費や生活費、飲み代を稼いでいる人もいました。

 

通常だと考えられない金額ですが、やはり治験に詳しくない方からすれば『治験=怖い』というイメージを持ってしまい、需要に対して協力者が足りてないことからこのように高額な報酬をいただくことができます。

 

逆に言えば、治験に協力する方にとっては大きなチャンスということですね!

 

治験のメリット②:安全面には非常に配慮されている

当たり前かもしれませんが、治験は安全面に非常に配慮されています。

実際に調査に協力するための薬自体、これまでいくつもの安全面の検査をクリアしてきたもので、言い方を変えれば”最先端の薬を使用することが出来る”ということです。

 

もちろん治験は医師や看護師のもとで行われ、更に治験後も無料で定期検診を複数回受けることが可能です。

 

治験後に体調が良くなったという方も少なくはないですね!

 

僕も最初は不安でしたが、実際に言ってみるとかなり安心できる空間でお医者さんもしっかり診察してくれるので、これまで30回ほど治験に協力してきました。

知り合いもそうですが、治験は1度体験するとリピーターになる方が多いです。

 

また、治験に対しては協力者は一切お金がかかりません。

病院に行くまでの交通費やその後の通院も、すべて治験会社が持ってくれます。

 

現在の手持ちが無い方でも、気軽に申し込むことが可能です。

 

もしそれでも不安を感じる方は、僕がお世話になっていた 安心実績のJCVN治験モニター が特に安全面に考慮されているので間違いないです。

 

治験のメリット③:かなり楽に過ごせる

治験はぶっちゃけるとかなり楽です。

起床や食事内容、就寝時間などは決められていますが、その他はずっとゴロゴロしててOKです。

 

もちろんテレビやゲーム、読書もできます。

僕は学生時代、治験にプレステを持っていっていました(笑)

 

それだけ自由がききますし、もちろんそれに対して文句を言ってくる人だっていません。

 

もしこれまでハードワークでお金を稼いでいた方からすると、間違いなく驚きます。

僕もはじめての治験が終わったとき「本当にこれでお金がもらえるの?」という不安を感じたことを覚えています(笑)

 

 

【治験のデメリット】

治験のデメリット①:日数がかかる場合がある

基本的に治験は1回で終わったり通院して行うものもありますが、中には数日間の泊まり込みで行うものもあります。

 

もちろんやりたくないものは断ればいい話ですが、そのように数日かかるものは報酬が大きいものが多いです。

 

僕が過去に行った治験の中には2泊3日で20万円もらえるものもありました。

 

しかし、予定が多く入っている方や副業として取り入れたい方には不向きかもしれません。

そこは治験会社との相談ができますので、一度問い合わせてみるのもありでしょう。

 

治験のデメリット③:何も用意していないとかなり暇

少ないとは思いますが、いざ治験が決まったときに手ぶらのまま行ってしまうとかなり暇な思いをしてしまいます。

 

僕は以前まる1日かかる治験にスマホだけ持っていったのですが、充電器を忘れてしまいひたすら暇な1日を過ごしたことがありました。

 

それでもお金は頂けるので構いませんが、どうせできるなら少しでも楽しみながらストレスを減らしたいですよね!

このような経験をしないように、本やスマホの充電器は忘れないようにしましょう!

 

 

まとめ

f:id:sweetdisney:20200505151655j:plain

 

ここまでご覧頂いた方は、治験は安全に配慮されて行われているものだということがご理解いただけたと思います。

 

僕は30回以上の治験を体験してきましたが、非常に社会貢献になる稼ぎ方だと確信しています。

 

現在服用している鼻炎のくすりもそうですが、過去に頭痛や腹痛から僕を救ってくれたくすりはすべてこの治験を通して開発されたものです。

 

ということは、治験に協力してくれる人がいなくなったら、その先にいる本当に苦しんでいる方たちを救えなくなるということになります。

 

しかし今は治験に協力してくれる方々がいるおかげで救われている人たちがいます。そう考えると高額な報酬も割に合いますよね!

 

僕も時間が取れるときは以前から申し込んでいる 安心実績のJCVN治験モニター から久しぶりに治験を申し込もうと思っています。

 

ぜひまとまったお金がほしい方は、社会貢献もできる治験を試してみてくださいね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!