【必見】取引先に嫌われる営業マンの特徴!うまくいかない人は必見。

f:id:sweetdisney:20200126114046p:plain

 

どーも、僕です!

 

営業職で成績を上げるためには、まずは相手に好かれることが絶対条件です。

あなたの周りの『できる営業マン』を見てみると、取引先に好かれている方ばかりだと思います。

 

もし『営業がうまくいかない・・・』と悩んでいるのであれば、もしかすると何か相手に不快感を抱かせてしまっているかの性があります。

 

そこで!今回はもともと営業職で、これまで500人以上の営業マンを見てきた僕が

嫌われる営業マンの特徴

について紹介していきます!

 

もしあなたが営業職であれば、自分と照らし合わせ改善することで『好かれる営業マン』になることが可能です。

ぜひブクマして定期的に確認してみてください!

 

【嫌われる営業マンの特徴】

ニオイが臭い

 

最も多く、最も不快感を与えてしまうのが『臭いニオイ』です。

もしどれだけあなたがトークが上手くても、ニオイが臭かったら一発アウトです。

 

不快なニオイは何種類かありますが、営業マンで多いのは下記のとおりです。

 

・ワキガ

・加齢臭

・タバコ

・ニオイが強すぎる香水

 

『おれは大丈夫!』と思っている方が多いですが、自分のニオイというのは常に自分で嗅いでいますので、気づいていないという方がほとんどです。

 

特にニオイの問題は非常にデリケートなので、臭くても誰も教えてくれず、最悪の場合だと知らないところで「〇〇さんってニオイきついよね・・・」なんて噂されている可能性もあります。

 

ニオイを気にかけるというのは、営業マンとしては当たり前のマナーです。

 

もし自信のない人は下記の記事で対策し、『会いたいと思われる営業マン』を目指しましょう!

 

 

挨拶が暗い

 

これはルート型営業マンによくありがちですが、ほぼ毎日同じ場所に訪問するため慣れてしまいますよね。

 

慣れというものは非常に厄介で、初めの方はしっかりと挨拶をして訪問していたものの、時間が経つとともに挨拶をさらっと済ませて訪問先へ入る人がいます。

 

そんな暗い人を毎日見なければいけない受付の方はどう思うでしょうか?

受付の方も仕事をしているのに、そんな姿を見たらいい気分にはなりませんよね。

 

そして受付のイメージが悪いと、その会社全体で悪い噂がたってしまいます。

そういう些細なことで『この前きた元気が良かった営業マンの会社に依頼してみるか』と、取引先を奪われるなんてことも少なくありません。

 

逆にこちらが元気よく挨拶をしても、受付の方が暗かったらムカついてしまうこともありますよね。

しかしそれはグッとこらえ、元気のいい挨拶を続けましょう!

 

相手を変えたい場合はまず自分から変わることが重要ですし、元気のいい挨拶をしている時点であなたの勝利です。

 

話が長い

 

これは特に取引先の担当者が女性だった場合かなり嫌われてしまいます。

『話が長い』とまとめていますが、詳細を書くと下記のとおりです。

 

・自分語りが多い

・忙しいときにでも長々と話す

・話がつまらない

 

あなたはこういった事をやってしまってないか、1度考えてみてください。

 

聞かれてもいないことを話していないか?話の内容が自慢になっていないか?忙しそうにしているときに話しかけていないか?全く笑えないボケをかましてないか?

 

特に取引先の受付の方は、多くの訪問者と話しているので、コミュニケーションに長けている方が多いです。

そういった方は話を聞くのが上手なので、話している人からすると

 

『俺の話で楽しんでいる』

 

と、かなり勘違いをしがちになっています。

でも内心は『はやく話が終わらないかなあ』と感じている場合が非常に多いです。

 

取引先に訪問する場合は、自分の話ばかりするのではなく『相手の話を聞く姿勢』を意識して会話することで、本当に良い関係性を築く事ができるようになります。

 

何を言っているかわからない

 

営業マンは人と話して商品よりも自分を売る姿勢が大切です。

それなのに『何を言っているのかわからない』営業マンは非常に多いです

 

・早口で聞き取れない

・モゴモゴ喋っていて聞こえない

・こちらがしゃべる隙を与えてくれない

 

特に忙しい環境にいる相手だと、このような営業マンと話すのは非常にイライラされてしまいます。

 

ちなみに僕も過去にモゴモゴ喋っていたそうですが、自分では気づかずに当時の上司に指摘されたことがあります・・・。

 

『何を言っているのかわかならい』という問題は指摘されることが少なく、なかなか気付ける問題ではありません。

 

もし自信がない人は、ポケットにスマホを入れて取引先との会話を録音して聞いてみましょう!

 

これは僕が自分の問題を改善するために行った方法ですが、想像以上に自分のだめな喋り方に気づくことができます。

 

これを定期的に行うことによって、『相手に伝えることが得意な営業マン』になることができます。

 

 

好かれることが最も営業成績あげる方法

f:id:sweetdisney:20200125090236p:plain

 

現在多くの営業セミナーや営業ノウハウが書いてある本が存在していますが、あれは全て戦術を磨くための手段です。

 

その根本には『嫌われない営業マン』という前提条件があり、どれだけ本を読んでもセミナーに参加しても成功できない人は、この基盤ができていないことが原因です。

 

逆に『好かれる営業マン』になることができれば、セミナーや営業本を読まなくても営業マンとして成功することは可能です。

 

実際に僕も営業マン時代は、セミナーや本を読んで勉強している優秀な営業マンよりも高い成績を残すことができました。

 

今後は『好かれる営業マンになる方法』という戦術的な記事を書く予定ですが、まずは『嫌われない営業マン』になり、基盤を作り上げましょう!